>

効果を知って選択しよう

歯磨きをする目的

虫歯を予防するために歯を磨いているなら、フッ素という成分が重要です。
フッ素が含まれる歯磨き粉を使って磨くことで汚れを落とせるだけでなく、歯にフッ素をコーティングでき、汚れがつきにくくなります。
歯周病を予防したい人や、すでに発症している人は、歯茎を引き締められる歯磨き粉がオススメです。
冷たい飲み物やアイスがしみる人は知覚過敏になっている可能性があるので、それに効果を発揮できる歯磨き粉を使いましょう。
ホワイトニング効果がある歯磨き粉だと、歯に付いた着色汚れを落とせます。
朝と昼にホワイトニング用の歯磨き粉を使い、夜に虫歯や歯周病予防になる歯磨き粉を使うと、歯を白く綺麗にしつつ、病気も予防できるのも大きなメリットです。

研磨剤が含まれている

一般的な歯磨き粉には、研磨剤という成分が含まれています。
この成分のおかげで歯についた汚れを落としやすくなりますが、1回の歯磨きでたくさん使うと、研磨剤で歯を傷つける可能性があります。
歯を守るためには、歯磨き粉の適量を守りましょう。
適量は、1センチから2センチほどだと言われています。
1センチから2センチほど少なくても十分に効果を発揮できるので、普段から意識しましょう。
また、この適量を守ることで、歯磨き粉を消費するスピードを抑えられます。
たくさん歯磨き粉を使えば、それだけ早くなくなっていき、何度も頻繁に購入することになります。
1回の出費が200円前後でも、積み重なれば大きな出費になるので節約しましょう。


この記事をシェアする