>

歯ブラシ以外の道具を使おう

落としにくい汚れがある

病気を予防するためには、歯と歯の間もしっかり磨かなければいけません。
歯ブラシだけでは全ての汚れを落としきれないので、歯間ブラシを使いましょう。
歯間ブラシは製品ごとにサイズが異なり、自分の歯の隙間に合うものを選ぶことがコツです。
使い方は簡単で、歯と歯の間に歯間ブラシを挿入し、前後に動かすだけです。
歯列に、直角になるように挿入すると汚れを落としやすくなります。
歯と歯の間を磨く時に、糸ようじを使っても良いでしょう。
上の歯に使う際は、糸ようじを親指と人差し指で持ってください。
そして歯茎を傷つけないよう歯間に差し込み、上下させましょう。
下の歯に使う際は、両手の人差し指で糸ようじを持つと動かしやすくなります。

定期的に交換しよう

歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじは定期的に交換するのがオススメ。
それらは毎日口内に入れて使うものなので、使うたびに菌が溜まります。
見た目は綺麗でも、目に見えないバイ菌や汚れが付着しており、それを口内に入れると環境が悪くなります。
歯磨きの効果が薄れてしまうので、1か月の1回を目安に交換しましょう。
まだ1か月が経過していなくても、歯ブラシがボロボロになったり、汚れをうまく落とせなくなったりしたら交換するタイミングです。
気になった時にすぐに交換できるよう、ストックを購入しておきましょう。
また歯間ブラシや糸ようじは、夜の歯磨きの時だけ使っても構いません。
夜は虫歯菌が繁殖しやすい時間帯なので、朝と昼より念入りなケアが必要です。


この記事をシェアする