>

汚れを綺麗に落とすために使う

グリップやヘッドの大きさ

口内で、自由に動かせる歯ブラシを選びましょう。
見極めるポイントは、グリップです。
歯ブラシを握った時に手になじめば、自分に合っていると判断できます。
違和感を抱いたり、奥歯まで歯ブラシが届かなかったりした場合は合っていないということなので、別の製品に買い替えましょう。
さらにヘッドが大きすぎると、口内で動かしにくくなります。
多少時間はかかりますが様々なサイズの歯ブラシを使うと、自分にピッタリな製品を選べることでしょう。
口内環境を整えるために、歯ブラシは必要不可欠な存在です。
そして毎日使うものなので、ご自身のこだわりを大切にしましょう。
口コミを見て、おすすめの歯ブラシをいくつかピックアップするのも良い方法です。
人気の歯ブラシを試しに使って自分に合うものを見つけましょう。

毛先が柔らかい歯ブラシ

店頭の歯ブラシをよく見ると毛先が硬い、柔らかいと書かれている歯ブラシがあります。
歯や歯茎を傷つけないことを優先するなら、毛先が柔らかい歯ブラシを選択してしましょう。
しかし、汚れを落とす能力は、毛先が硬い歯ブラシに比べて低めになります。
毛先が柔らかい歯ブラシを使う場合は、歯を1本1本丁寧に磨きましょう。
またせっかく毛先が柔らかい歯ブラシを使っていても、力を入れて磨いていたら歯を傷つけてしまいます。
歯茎から血が出やすい人は、特に力加減に気を付けましょう。
軽く歯に当てて擦るだけでも汚れを落とせるので、優しくこすることを意識して歯磨きするのがベストです。
また、すぐに歯ブラシの毛先がボロボロになる人は、力を加えすぎています。
磨き方を改め、歯や歯茎を守りましょう。


この記事をシェアする